eScan Corporate 360 (10-199 license)

全てのデバイスを保護する究極のセキュリティ

1ライセンス 1,800円(税抜)/年
ライセンス数
ライセンス

※eScan は法人向けの製品です。

カートにいれる トライアルダウンロード

近年、従業員がモバイルデバイスを経由して企業データにアクセスすることが多くなってきました。それは企業としてセキュリティリスクを抱えることとなります。そのため、それらのモバイルデバイスはシステムで管理しなければなりません。eScanはその問題の解決策として一つの新製品を提案します。それが”eScan Corporate 360”です。
eScan Corporate 360はリスクの管理し、効率的に重要なインフラを保護できるウイルス対策および情報セキュリティソリューションです。新しくなったeScan管理コンソール(EMC)は企業ネットワーク内のエンドポイント、モバイルデバイスをサーバによって動的にサーバの管理を行うことができます。WindowsだけではなくMacintosh、Linux、Androidの保護を提供する高機能なソフトウェアです。また、eScan Corporate 360はAndroidデバイスのセキュアな管理をリモートで容易に行うことが可能です。

主な特徴

セキュアなWebインタフェースのダッシュボード

新しいセキュアなWebインターフェイスは、全ての通信を暗号化するSSL技術を使用しています。
eScanダッシュボードは、ライセンス展開状態や保護のステータスだけでなく、保護統計などをグラフ形式で管理対象エンドポイントの集約情報を提供します。

資産管理

eScanの資産管理モジュールは、全体のハードウェア構成およびエンドポイントにインストールされているソフトウェアのリストを提供します。この機能は、すべてのハードウェアの変更履歴を記録するだけでなく、ネットワークに接続されているすべてのエンドポイントにインストールされたソフトウェア資産を維持することに有効です。

ロールベース管理

ユーザロール機能を利用することによってeScanを複数人で管理を行うことができます。eScan管理コンソールによる役割に基づいた管理によって構成とモニタリングの責任を共有することができます。

モバイルデバイス管理

eScanのモバイルデバイス管理は数々のモバイルデバイスをグループごとに管理することができます。通話&SMSフィルター、Webプロテクション、アンチセフト、アンチウイルスなどの機能のポリシーをグループごとに設定することができます。またスケジュールに沿ってウイルススキャンのタスクを自動実行することができます。

クライアントライブアップデータ

クライアントライブアップデータでは、全てのエンドポイントのセキュリティステータスに関するイベントをリアルタイムで記録しています。またフィルタリング機能を利用することによりイベントログから指定した条件で情報を抽出することができます。さらに、その情報をエクセル形式でエクスポートすることも可能です。

ネットワーク大規模感染予防、ライブイベントとレポート

クライアント端末がマルウェアに感染した場合でも、ネットワーク上への拡散を自動的に防ぎ、感染が発生したことを速やかに管理者に通知します。その際に、必要に応じてその時点でクライアント端末で使用しているアプリケーション、USBフラッシュメモリ、閲覧しているWebサイトなどの情報についても即座に表示することが可能です。
また、管理者は全てのクライアント端末についての包括的なレポートを見ることや、そのレポートをHTMLやPDFの形式にエクスポートすることも可能です。

eScanクラウドセキュリティ

eScan Security Network(ESN)は新しいマルウェアが検知された際に迅速なレスポンスで優れた保護を提供します。ESNは未知の脅威を遮断することができるだけではなく、ゼロデイ攻撃やフィッシングに関しても防ぐことができます。クラウドベースのESNは新たな脅威を識別し、ウイルス、ワーム、トロイの木馬などの脅威が広く普及する前にそれらからあなたのシステムを保護します。

印刷アクティビティ

eScan印刷アクティビティモジュールは全ての管理対象デバイスに対してモニタリングと印刷タスクのログの収集を効率的に実行します。このデータ収集により、管理対象デバイスからネットワークプリンタ、あるいはローカルプリンタに出力した詳細情報がPDF、Excel、あるいはHTML形式で出力することができます。

ワンタイムパスワード

ワンタイムパスワードオプションを使用して、管理者は所望の時間の任意のエンドポイント上の任意のeScanモジュールを有効または無効にすることができます。この機能により、ユーザアクセスをグループセキュリティポリシーに違反することを制御することができます。

備考 – 印刷アクティビティとワンタイムパスワードはWindowsだけの機能です。

その他のハイライト

  • 各プラットフォーム(Windows、Mac、Linux、Android)に依存しない統一されたコンソール
  • 高度なセキュリティポリシー設定
  • ライセンス管理
  • 設定のエクスポートとインポート
  • アップデート管理
  • ファイル評価サービス
  • セーフモードでの起動の保護
  • 高度なファイルブロックとフォルダ保護機能
  • レスキューモード
  • 重要なシステムファイルの自動バックアップ/復元
  • マルウェアURLフィルター
  • eScanリモートサポートの内臓
  • 24時間365日対応の無料オンラインテクニカルサポート、チャット、フォーラム

主な特徴 - eScan Endpoints

強化されたエンドポイントセキュリティ

デバイス制御

eScanの高度なデバイス管理機能は、ネットワーク内のWindowsやMacOSに接続しているUSBデバイスのモニタリングに役立ちます。
Windowsでは、Webカメラ、CD-ROM、複合デバイス(オーディオ、ビデオ機器など)、Bluetooth、SDカードなどのUSBデバイスへのアクセスを許可/ブロックすることが可能です。認可されていないUSBデバイスへのアクセスはパスワード保護を使用することによりブロックできます。このようにしてUSBを介するデータの漏えい、マルウェアによる感染を防ぐことができます。
MacOSにおいてもUSBのアクセスをブロックすることができます。

データ盗難通知

USBポートへのアクセスの機会が増えています。それに伴い、企業の知的財産が流出し、それを悪用されることが多くなってきました。それは企業に損害が与えられることとなります。
eScanのデバイス制御にあるデータ流出監視機能はハードディスク上からUSBメモリにデータがコピーされた際、そのコピーアクションをWebコンソールの管理者に通知を送信することができます。
デバイス制御では、このようにデータ盗難・悪用から保護することができます。

アプリケーションコントロール

eScanの効果的なアプリケーションコントロールモジュールは、Windows上のアプリケーション実行の許可/拒否を設定しさらに時間帯を指定した設定を可能にします。この機能によりホワイトリストに設定されたアプリケーションだけを実行し、それ以外のアプリケーションをブロックすることが可能になります。この機能はホワイトリスト上のアプリケーションだけを実行許可し、それ以外のアプリケーションが実行させないことを可能にします。

Androidでの初期設定は、ダウンロードしたアプリケーションはすべてブロックされ、パスワードを入力したものだけがホワイトリストに登録されます。この機能はアプリケーションの使用状況を最大限活用し、制御機能を向上させることに役立ちます。

高度なアンチスパム

eScanは送受信メールの内容を確認します。強力な"ヒューリスティックドリブンデュアルアンチウイルスエンジン"を使用し、リアルタイムでワーム、トロイの木馬、および隠された悪意のあるコンテンツをスキャンします。eScanではこのような脅威を侵入前に回避することができます。

強化された双方向ファイアウォール

ファイアウォールの持つ定義済みのルールセットは、発着信トラフィックに制限をかけるのに役立ちます。このルールセットはIPの範囲、アプリケーション、MACアドレスおよびIPアドレスで定義することができます。

プライバシーコントロール

プライバシーコントロールは、あなたのキャッシュ、ActiveX、Cookie、履歴の消去をスケジューリングすることができます。PC内にあるデータの悪用を防ぐことができます。

高度なWebプロテクション

eScanはeScanがインストールされたネットワーク上のエンドポイントに対してアクセスを許可/ブロックするサイトを定義できる高度なWebプロテクション機能を有しています。Windowsエンドポイントでは時間帯を指定したアクセス制御を設定することも可能です。

オンデマンドスキャン

システムリソースを食わないeScanはエンドポイントの高速なスキャンを実現します。eScanがスキャンを実行している間でもあなたのエンドポイントは快適に動作することができます。

プライバシーアドバイザー

eScanのプライバシーアドバイザは分類されたデバイスのアクセス権を使用したアプリケーションリストを提供します。この機能はインストールされているすべてのアプリケーションのセキュリティレベルのチェックを維持するのに役立ちます。

盗難防止

eScanは盗難にあった際のデータワイプをするために、SIMを検索しGPSファインダーを通してAndroidデバイスの位置を特定します。この盗難防止機能を使用することにより、デバイスを紛失したり盗難に遭った場合でも不正アクセスから完全に保護することを保証します。

スケジュールスキャン

eScanのスキャンはあなたの作業を中断することなくバックグラウンドでシームレスに実行されます。スケジュールスキャンではスケジュールにしたがって自動的にスキャンしてくれます。これにより、あなたのエンドポイントに最善の保護状態を提供します。

通話とSMSフィルター

eScanは、ホワイトリストやブラックリスト機能を使用して設定されたパラメータに基づいて、通話やSMSのコンテンツフィルタリングを容易にします。ユーザは、特定のフレーズ/ワード/キーワードに基づいて指定された番号からの着信やSMSをブロックすることができます。

動作環境

Windows(Windows Server and Workstations)

対応OS

Microsoft® Windows® 2012 / SBS 2011 / Essential / 2008 R2 /2008 / 2003 R2 / 2003 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP SP 2
/ 2000 Service Pack 4 and Rollup Pack 1(いずれも32bit、64bitともにサポートします)

ハードウェア構成

  • CPU : Intel™ Core™ Duo 2.0Ghzと同等以上のプロセッサ
  • メモリ : 4 GB以上
  • 必要ディスク領域 : 8 GB以上

管理対象のWindows

  • CPU : Intel Pentium 1.4Ghz以上(2.0Ghz推奨)
  • メモリ : 1 GB以上(1.5GB以上推奨)
  • 必要ディスク領域 : 800MB以上

eScan Consoleの動作可能なブラウザ

  • Internet Explorer 7 / 8 / 9 / 10
  • Firefox 14以上
  • Google Chrome(最新バージョン)

Linux

サポートするディストリビューション

RHEL 4 以上 ( 32 & 64 bit )
CentOS 5.10 以上 ( 32 & 64 bit )
SLES 10 SP3 以上 ( 32 & 64 bit )
Debian 4.0 以上 ( 32 & 64 bit )
openSuSe 10.1 以上 ( 32 & 64 bit )
Fedora 5.0 以上 ( 32 & 64 bit )
Ubuntu 6.06 以上 ( 32 & 64 bit )

ハードウェア構成

  • CPU : Intel Pentiumと同等のプロセッサ
  • メモリ : 512MB以上
  • 必要ディスク領域 : 500MB以上

Mac

サポートするバージョン

Mac OS X 10.9 - Mavericks
Mac OS X 10.8 - Mountain Lion
Mac OS X 10.7 - Lion
Mac OS X 10.6 – Snow Leopard

ハードウェア構成

  • CPU : Intelベースのプロセッサ
  • メモリ : 1GB以上を推奨
  • 必要ディスク領域 : 500MB以上

Android

サポートするバージョン

  • Operating System: Android2.2以上
  • その他要件: Internet接続

商標について

Windows XP, Windows Vista, Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows Server 2000, Windows Server 2003, Windows Server 2008, Small Business Server(SBS) 2011 Standard・Essential, Windows2012, Internet Explorerは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。 Intel™ Core™ Duo プロセッサー, Pentiumは米国Intel Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。 Red Hat Enterprise Linux(RHEL), Fedoraは米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の登録商標または商標です。 CentOSはCentOS ltdの商標または登録商標です。 SUSE Linux Enterprise Server(SLES), Open SuSeは米国およびその他の国におけるSUSE LLC.の商標または登録商標です。 Debian は Software in the Public Interest, Inc.の登録商標です。 Ubuntuは、Canonical Ltd.の登録商標です。 Android, Google ChromeはGoogle Inc.の米国及びその他の国における登録商標です。 Mac OSは米国Apple, Inc.の登録商標です。 FirefoxはMozilla Foundationの登録商標です。 eScanはMICROWORLD社の登録商標または商標です。

ダウンロード

試用版はこちらからダウンロードできます。

トライアルダウンロード

インストレーションガイド

インストール方法についてはこちらのPDFをご参照ください。

製品インストレーションガイド

設定ガイド

設定方法についてはこちらのPDFをご参照ください。

製品設定ガイド

MDM設定ガイド

契約について

契約について詳細はこちらをご確認ください。

メルマガ登録
導入事例
ページのトップへ